BLOGブログ

ブログ

仕事(学校)を辞めたいと思う人にコーチが「辞めるな」と言うのはなぜか

今回は、仕事を辞めたいと思う人に
コーチが「辞めるな」と言うのはなぜか
についてお話しします。

このような発言をしたときに、
「コーチはクライアントの味方じゃないの?」
と思う方がいると思います。
その通りです。
コーチはクライアントの誰よりも味方です。

そうならば、
「クライアントが決めたことなら、
コーチは背中を押すんじゃないの?」
と思いますよね。

ここが一流かそうでないかの
分かれ目だと思います。
今回は、例として仕事をあげてますが、
学校とかも同じです。

——————————————————
環境を変えることは現状の外側?
——————————————————

ここでひとつみんなで考えてみたいのですが、
環境を変えることは現状の外側でしょうか?

ひと昔、、いやふた昔前のパラダイムでは
環境を変えるということが
推奨されていた時代がありました。
だから、みんなこぞって
行動せよ!行動せよ!と言ったわけです。
この風潮は今も残っていたります。

僕が行動せよ!と言わないのは、
この考えが間違っているというよりは、
そうしたところで現状の外側にはいけないからです。
挑戦する、経験する、体験する…
これらのことはとても大事です。

ただ、行動せよ!と言われ、
闇雲に行動したところで
結果は見えてるよねってことです。

環境を変えたい!と思って
環境を変えることでは現状の外側にはいけません。
このことは、仕事を変えることも同じです。
ゴール設定の結果として、
仕事を辞めることはあるかもしれませんが、
辞める気でいて、辞めたら
それは現状じゃありませんか?

————————————
理想的現状という罠
————————————

このことをわかりやすくいえば、
理想的現状ってやつになります。
過去の延長線上のゴールは、
現状の内側になってしまいます。

コーチングセッション中に
仕事を辞めたいので辞めようと思います!
と言われたら、「ちょっと待って!」と
コーチはことばにして伝えるかは置いておいて
何らかのカタチで伝えなければなりません。

ここでコーチが後押ししたら、
クライアントはますます理想的現状に
とどまってしまい、
現状のゴールに強い臨場感を持ってしまいます。
現状の外側というのを簡単に言っていますが、
結構悩ましいものです。

ブリーフシステムを思い切り変えない限り
変わらないことを現状の外側と言います。
ブリーフシステムというのは、
これまでの人生で出来上がってしまった
信念のことをいいます。

ここが変わらないと、無意識レベルでは
多少の変化はあったとしても、
それ以外はほとんど変わることなく
過去と同じ選択をしていきます。

———————————————
コーチングの永遠のテーマ
———————————————

では、
コーチングにおける現状の外側にゴール設定
というのはどうすればできるのでしょうか。
実はまだここには完全なる回答はないと思います。
現状の外ってことは今の自分では見えないものを
ゴールにする必要があるわけですが、
ゴールが設定できたということは
見えてしまったから設定できたんじゃないの?
って話です。

卵が先か、鶏が先か…
このことはコーチングの永遠のテーマであり、
コーチングに関わる人は
これからも考えていくべきことです。

一応の解決策としては、

・抽象度の高いゴール
・利他性を含んだゴール
・社会性を含んだゴール

こういったゴール設定は、
現状の外側と言っていいんじゃないのかってことです。
なぜなら、自分以外の人の幸せを含んでいるからです。
もちろん、こういったゴールも
自分が心から望んだものでないと意味がない
のは言うまでもありませんが。

コーチングにおいてゴール設定が
一番大事なのですが、
そのゴール設定が一番悩ましい
ということがわかってくれたらと思います。
だから、コーチの脳を借りて
実践していくことが大事だね!
ということでもあります。